もうちょっと時間が欲しい。

集中できる時間が欲しい。

 

子育てしながら起業(仕事)を

するとなると

時間はいくらあっても

足りません。

 

しかし、1日は

24時間、365日と決まっています。

 

そこで、いかに中身の濃い時間

にしていくか?が鍵になります。

 

朝活のすすめ

 

朝活・・・つまり朝活動すること。

 

ゲゲゲ〜朝は苦手なんだよね!!

・・・って思った方も多いと思いますが

何時間も早く起きてなんて言いません。

 

1時間でいいです。

たった1時間だけ早く起きて

有効活用してみてください。

 

この、朝の1時間は昼の1時間

とは中身の濃さが違います。

 

朝活をするだけで

仕事の効率はグンっ!と良くなります。

 

朝活の利点

 

科学的な根拠

 

朝、起きたばかりの脳が素晴らしいのは、

前日までの記憶が整理され、

フレッシュな状態にある。
同じ作業をするにしても、

昼や夜の疲れた脳と比べれば、

はるかに高いパフォーマンス

発揮します。

 

※引用:

脳を最高に活かせる人の朝時間

/ 茂木健一郎・著

 

・・・とあるように

朝、何かをすることはとても

理にかなっているのです。

 

実際にやってみると分かりますが

意外なほどに作業がはかどります。

 

誰にも邪魔されない

 

朝は誰にも邪魔されません。

 

電話がかかってこない

メールがこない

子供の緊急呼び出し等ない

誘惑が少ない

(テレビ等のプログラムが少ない)

 

・・・基本、みんな寝てますから(笑)

 

自分にとって邪魔がない

ということは・・・

 

やることに集中できる

 

・・・ということです。

これ、朝活すると分かりますが

集中できる時間があるというのは

とても貴重です。

 

ましてや、

子育てと仕事を両立していると

様々なことが

日々、頻繁に起こってきますので

集中できる時間は少ないのです。

 

睡眠学習??

 

夜寝る前に

朝やることを少し考えてから

寝ることで

頭が整理されて

仕事がはかどります。

 

私の場合は朝にブログを

書くことが多いのですが・・

寝る前になんとなく

タイトルと内容を考えて寝ます。

 

別に机に向かってとかでなく

ベットで横になって

目を閉じながら5分ほど

考えて寝るだけです。

 

昼間に書くより

断然、早く書けるように

なりました。

 

・・・なので私は

アウトプットする仕事

朝活のオススメです。

 

朝1時間はやく起きる方法

 

1時間はやく寝る。

 

当たり前のことですが

1時間はやく起きるということは

1時間はやく寝ることが

基本中の基本です。

 

間違っても睡眠時間を削って

はやく起きる・・と考えない方が良いです。

 

睡眠時間が足りなくなると

結局は頭の回転も遅くなり

本末転倒です。

 

寝る前にスマホ、パソコンを見ない

 

強い光が脳に刺激を与えて

眠りが浅くなってしまいます。

なるべく寝る30分前には

刺激を与えないで

ぐっすり寝れる体制を

自分で作っていきましょう。

 

朝活の利点を考える

 

朝やった方が得!

仕事がはかどる。

やりたいことが集中してできる。

などなどと利点を並べあげて

朝起きる理由を考えるだけでも

ちょっと頑張って起きるか

・・・と気持ちが前向きに

なります。

 

朝日を浴びる

 

朝起きたらすぐに

カーテンを開けたり、

ベランダに出て

朝日を浴びると

目が覚めます。

また、外気に触れると

刺激にもなり

さらに目がしっかりと覚めます。

 

歯を磨く

 

朝日と一緒で

体に適度な刺激となって

目覚めが断然よくなります。

 

30分から始めてみる。

 

1時間でもきつい・・・

と思う方は

まずは30分はやく起きる

目標を立ててみましょう!

 

ハードルが下がることで

気持ち的にも楽に

なります。

 

また、30分の朝活に

充実するようになると

自然と1時間はやく起きれるように

なったりします。

 

要は、メリットが感じられれば

1時間くらいは楽勝に

なってきます。

 

朝活の注意点

 

朝起きて絶対に

最初にやってはいけないことは・・・

 

スマホ、パソコンを見る

 

せっかく1時間はやく

起きたのに

メールチェックしたり、

ネットのニュースを見たり

ダラダラと過ごしてしまい

無駄な1時間になってしまいます。

 

これこそ本末転倒です。

気をつけましょう!