仕事人間だった私が

子供が生まれたことをキッカケに

子育てと仕事の両立をしていく中で

一番苦労したのは

実は、自分自身のプライドです。

 

情けない話ですが、

このプライドが捨てきれなかったために

周りをの理解や協力を

得ることができませんでした。

 

 

子育てと仕事を両立する上で

パートナーや両親など

周りの人の理解と協力は

必要不可欠です。

 

しかし、余計なプライドのために

いくつもの失敗をしました。

そして、周りにたくさんの

迷惑をかけていました。

 

そんな私のようにならないために

プライドについて書いてみようと思います。

 

 

過剰なプライド

 

起業を決めた時に『やるぞ!』という

強い決意を心の中でしたと思いますが、

この決意をすると同時に

心が意固地になってしまい

 

人の助けなんてなくても頑張れる。

決意したからには助けなんて求めない。

理解してもらえなくてもいい。

協力なんていらない。

 

なんて考えにまで

陥ってしまうことがあります。

 

この気持ちがとても危険です。

この気持ちが自分のプライドとなってしまい、

後々、自分自身を苦しめる材料になってしまいます。

 

そして、あなたが苦しむだけでなく

本当の被害者は子供になってしまいます。

 

あなたのプライドが大きくなってしまったために

周りの理解が得られず、

協力がなかったら、

 

子供は我慢を強いられたり、

子供にイライラをぶつけてしまったり

しかねません。

 

あなたが仕事をする上でプライドは必要です!

 

しかし、子供があなたのプライドによって

なんらかの犠牲を強いられるのであれば

そんなプライドは捨てるべきです。

 

そんなプライドをも捨てられないのであれば

起業しない方がきっと

幸せになれます。

 

くだらないプライドだとは思いませんが、

その気持ちをプラスに変えて

良い意味で過剰なプライドを捨ててみてください。

 

ビックリします。

 

自分の過剰なプライドを捨てて

素直な気持ちで人と

接すると

周りに状況が一気に変化して

理解や協力をしてくれる人が

現れます。

 

意固地にならないでください。

 

どうせ理解なんてしてもらえない。

協力なんて誰もしてくれない。

頼む人なんていない。

私が1人で頑張るしかない。

 

起業に対する批判をされたり

余計なことを言われたくない

・・なんて気持ちから

 

気持ちが意固地になってしまい

最初から

ダメ、いない!

と決めてつけてしまいがちです。

 

最初からダメと決めつけてしまうと

何も生まれません。

うまくいくことも

いかなくなってしまいます。

 

どうか、

気持ちを楽に

余裕を持って

余計なプライドを捨てて

起業に取り組んでください。