ママ友と一緒に起業したい。

 

こう考えている人は

少なくありません。

 

ダメ・・・とはいいませんが

 

失敗のリスクが高すぎる

・・・と感じます。

 

何故ですか?・・・という問いに

「失敗」の答えが満載

だったりします。

 

もし、ママ友と・・・と考えているなら

同じような答えがないか

チェックしてみてください。

 

それから起業の事を考えても

遅くはありませんから・・・

 

では・・・質問です。

なぜ、ママ友と一緒に起業したいですか?

 

 

2人だったら頑張れそう・・・

 

子育てをして

同じ境遇であることや

悩みが共通していて

意気投合すると・・・

 

この人となら一緒に頑張れそう!

 

と感じてしまいます。

 

不安の裏返し

 

しかし、この気持ちって

実は、

起業に対する不安が裏返っただけ

の場合が多いです。

 

つまり、

1人では不安だから

気の合う人とやりたい。

 

不安を抱えたままのは

きっと相手も同じです。

そんな、ママ友との起業が

上手くいく確率は

低いと考えていいと思います。

 

同じようにピンチになる

 

同じ境遇、状況、悩みを持って

意気投合しているという事は

 

トラブルが起きると

同じようにピンチになります。

 

お金、時間、子育て

同じようにピンチになれば

助け合うどころか・・・

 

最悪、お互いに

自分の主義主張ばかりで

決裂してしまいます。

 

心強いパートナーになりそう・・・

 

○○さんは頭が切れるから

いいアイデアをいっぱい持っているから

スキルをもっているから

 

そんな考えから

起業のパートナーとして

ママ友を選んでしまうと・・

 

能力の差で主従関係が出来上がる

 

仲良く始めた仕事も

能力に差が出てくると

仕事ができる人

仕事ができない人

という上下関係が出来上がります。

 

2人とも社長・・・なんて

気持ちで起業した仕事で

上下関係ができ、

主従関係・・・

つまり・・・

社長と社員という構図

自然と出来上がります。

 

主従関係には収入の差が産まれる

 

当たり前の事ながら

仕事ができるほうが

収入を多くもらいたいと思います。

 

つまり、

仕事の差はお金の差となります。

 

この状況で

ママ友

という言葉、関係は崩壊します。

 

お互いがわかりあえる友達だから・・・

 

仕事、ましてや

起業して会社を持つという事は

能力とお金という

現実に直面します。

 

友達という関係も

簡単に現実に崩されます。

 

分かり合える友達は

いつの間にか

 

偉そうな友達?

金勘定ばかりする友達?

仕事ができない友達?

使えない友達?

 

・・となってしまいます。

もう、友達ではありません。

 

悲しい結末を迎えない為に・・・

 

ちょっとだけ足を止めて、

色々と考えて

起業を進めてください。

 

もちろんですが・・

上手くいっている人も

いますので

私の書いていることは

リスクのひとつです。

参考にしてみてください。

 

後悔して欲しくないです。

 

現実的な悪い事ばかりを

書き並べました。

 

気を害する内容があったならば

申し訳ありません。

 

しかし・・・現実的な内容を

知ったうえで

どうするか考えて欲しいのです。

 

私は・・・

あなたに成功して欲しい

と思っています。

 

そして、

笑顔になって欲しい

と思っています。

 

起業して上手くいかない。

友達とも仲が悪くなる。

 

そんな状況になって欲しくは

ありません。

 

子育て起業家パートナーとして

嫌われても

 

リスクはしっかりと伝えて

いかなければいけない。

 

・・・と思っています。

 

この気持ちだけは理解して

頂ければありがたいです。