私の友人が

起業した会社を畳んだ。

・・・と連絡がありました。

 

彼はとても優秀で

行動力もあり、

起業初月から

500万以上を稼いで

波に乗っている!って感じで

羨ましく思うほどでした。

 

でも、1年と4カ月ほどで

力尽きた・・と

 

スタートアップ

 

スタートアップという言葉を最近、

よく耳にします。

ベンチャー企業が発端のようですが

 

このスタートアップを

スタートダッシュと捉えて

いかに起業時に売上(利益)を出していけるか?

にこだわって起業する方がいます。

 

最初が肝心!?と言わんばかりに

猪突猛進・・・・

悪くはないのですが、

 

その先を考えて行動していますか?

その先にあるリスクを考えたことがありますか?

 

短期で大きな利益

 

短期で大きな利益を上げることは

とても魅力的ですし、

成功しているように感じて?しまいます。

 

利益を得ているのだから成功でしょ?

・・・と思うかもしれませんが

 

大きなリスクを背負ってつぶれてしまう人も

少なくありません。

つまり、起業家として燃え尽きてしまいます。

 

そのリスクとは・・

 

許容範囲を超える

 

大きく利益を得るという事は

商品やサービスが爆発的に売れるのですが

自分の許容範囲を超える

仕事量や内容になってしまい、

仕事をこなせなくなってしまいます。

 

例えば、

急激に売れすぎて生産が間に合わずに

販売中止を余儀なくされる今夏のアイスのように

 

中止だけならば良いですが、

先にお金を得てしまっていると

提供が遅れてしまい、

クレームやキャンセルといった

信用を落とす結果につながります。

 

販売後の対応に追われる

 

販売後に対応しなければならない事

つまり、アフターフォローに

充分な対応ができなくなります。

これは、会社の信用を失墜させてしまったり、

クレームの対象になってしまいます。

 

また、急遽人を雇って対応しようとすると

余計な人件費等のコストが増えていき

利益が減る結果になります。

 

その先の事ができない

 

その先とは・・

会社は一回売って終わりではありません。

次に商品、サービスの企画、マーケティング等を

して次々と新たな利益を作っていかなければ

なりません。

 

しかし、大量の仕事に追われ

次の事が何もできないまま

時間だけがもくもくと流れていき

気が付くと一発屋の様な状態に陥ります。

 

また、大量の仕事に追われた結果

疲れ果ててしまい

燃え尽き症候群の様に何もやる気が

おきなくなってしまう人も少なくありません。

 

起業家にとっての成功とは・・・

その場だけ一瞬で儲けて辞めるのであれば

構いませんが、

起業家にとっての本当の成功とは

5年、10年と持続性があり、

常に右肩上がりに伸びて行く事が重要です。

 

目先の利益だけにとらわれず

しっかりと先を見据えて

戦略、戦術を考えてマーケティングをして

確実な成功を手に入れてください。