電車に乗っていると

小学3年生くらいの子供を

連れた親子が話をしていました。

 

夏休みどこに行こうか?

ママは海がいいと思うな〜

 

えっ、何言っての

夏と言えば山でしょ!

〇〇は男の子だから

虫を捕まえたり、キャンプしたり

する方が楽しいに決まってる。

 

海でしょ!山でしょ!

・・・と親が勝手に議論し始めた頃

 

子供が・・

どっちも嫌!

 

僕、家でゲームしたい。

夏休みはゲームする。

海とか山とか勝手に決めつけないで!

 

そうだなぁぁ

こちら側の勝手な決めつけで

話をされと嫌だよね

・・・と自分も娘との会話を

思い出して反省してしまいました。

 

それにしても・・・

 

ゲームをすることが

いい、悪いは置いておいて・・・

自分の意見をしっかりと言えるのは

すごいなぁぁと感心。

 

勝手な常識

 

一部の人が考える常識とか、

TVなどでやっている情報なんて

人の総意ではない!

私の常識ではない!

 

人によって価値観が違うので

当たり前の話なのだが・・・

 

ついつい自分の常識は

みんなも同じ

・・・と思い込んでしまいがちです。

 

お客様の常識は?

 

自分では当たり前ですよね?

・・・なんて思っていることが

お客様にとっては??

なことも多い。

 

これを勘違いしてしまうともちろん、

売れません。

 

下手したら敵対心を

持たれてしまうかも・・・

 

商品の常識

 

商品を提供している側は

この商品の使用方法は、目的は・・・

なんて当たり前のごとく説明しますが、

考えもしないような使い方を

する人もいます。

 

提供する側の常識と

購入する側の常識が違う

・・・ということもある事

理解、リサーチしておく事

は必要です。

 

マーケティングの常識

 

人を騙すような売り方はもちろん非常識

になりますが・・・

 

周りと同じように売るのが当たり前

(販売方法や価格)

という常識は捨ててしまいましょう!

 

周りがやらないような、

そんなことやってる人はいない!

・・・と言われるような

非常識なことをやって

同業を出し抜きましょう!

 

ドライブスルーは銀行のアイデア

 

アメリカの銀行のATMって

車に乗ったまま操作ができるんです。

 

日本では銀行ATMが車に乗ったままというのが

ほぼないので(地方銀行であるらしい)

ピンっと来ないかもしれませんが・・・・

 

このアイデアをうまく使ったのが

マクドナルドのドライブスルー

・・・って知ってました?

 

でも、たぶんこのアイデアを出した人は

きっとこう思われたでしょう

 

うちは銀行のATMじゃねえよ!!

 

・・ってね。

 

今では日本でも当たり前の様にある

ドライブスルーも非常識なアイデア

から生まれたもの。

・・・と言ってもいいと思います。

 

非常識な考え方。

 

『非』という否定的な言葉が

付いているので・・・

悪いと思いがちですが、

周りと同じように右ならえ

をする必要は全くありません。

 

人としてのモラルさえあれば

どんどん非常識に

トライしてみましょう!

 

しかし、

周りと違う考え、発想は

簡単には出てきません。

 

先ほどのドライブスルーのように

異業種のやり方

自分の仕事に活かせないか?

・・・と常にヒントを考えるのが

非常識(違うやり方)の

見つけ方としてはありありです。

 

また、子供に聞く

・・・というのもです。

 

子供に・・・

これ、どうだったら欲しいと思う?

どんな風に言われたら買いたいと思う?

 

・・・と聞くと

たまに、思いもしない

突拍子も無い答えが出ます。

 

そのまま使えないかも

しれないですが、

この言葉をヒントに

アイデアを考えてみると

意外な答えが見つかる事も

あります。

 

まとめ

 

あなたが思いつく

業界の非常識ってなんですか?

 

それ・・・

自分の仕事に生かすことが

できませんか?

 

周りと逆を行くことで

生き残る活路を見いだせる

可能性を秘めています。

 

非常識から出たアイデアが

あなたの強み(USP)

となる可能性も秘めています。