娘が年長さんになり

初めての保護者面談。

 

妻から、

一緒に行けない?

・・・と相談されたので

仕事を中抜けして

参加したのですが・・・

 

まさかの展開!

 

30分弱の会話で・・・

 

保育園での様子

引っ込み思案な性格について

気持ちに波がある事

年下の面倒をよく見ている事

 

・・・等を担任と

話をしていました。

 

特に大きな問題はなく

終盤に差しかかったところで・・・

 

妻が・・・

良かったです・・・

とつぶやきながら

涙を流し始めたのです!!

 

え〜っ(驚き)

泣くような話なんか

なかったと思うけど・・・

とちょっとうろたえていると

 

担任の先生が・・・

お母さん大丈夫ですよ。

安心されたんですね。

 

・・・と普通にフォロー

しているのを見て

 

え〜っ(再度、驚き)

先生は妻の気持ちが

わかるんだあぁぁ

 

もう、まさかの展開に

終盤はひとりでオロオロしてました。

 

 

ちなみに・・・

妻は、いつもは

笑いじょうごで

ケラケラと笑っている事が

多いのですが・・・

 

愛情の差?!

 

面談後に・・・

 

心配事でもあったの?

俺、変なこと、言った?

本当に、安心しただけ?

 

質問攻めの私に、妻は・・

 

別に心配事はない。

よかった〜

・・・と思ったら涙が出てきた。

それだけだよ。

 

・・・てサラッと言われました。

 

わからない!

全然、わからない!

 

でも、これが

父親と母親の差なのかも・・・

 

我が子に対する想いは

似て非なり!

 

妻と同じように

愛情を持って

娘に接しているつもりだけれど・・・

想いが桁違いのようだ!

 

パパとママは違う

 

男の人は

自分の体で子供を産まないので

親としの自覚が

芽生えるのが

女の人より遅い。

 

・・・という話を

聞いたことがある。

 

良いとか悪いとかでなく、

きっと、根本的に

男と女では違う。

 

想いも違えば、

考え方も違う。

 

当たり前と言えば

当たり前の話なのだが・・・

 

悪気はないんです。

 

こんな風に書くと

言い訳な感じに聞こえるかも

しれませんが・・・

 

ただ、わからないだけなんです。

ママの気持ちが・・・

ママの想いが・・・

 

ただ、違うだけなんです。

ママとの考え方が・・・

ママとの子供に対する捉え方が・・・

 

パパは・・・

動いてくれない!

何もやってくれない!

親としての自覚がないの??

 

違うんです。

本当に、ただただ

わからないだけ、

・・・ということが多いです。

 

だから・・・

 

面倒くさいかもしれませんが・・・

パパに

教えてください。

話をしてください。

 

どうして欲しいのか?

どんな風に動いて欲しいのか?

どんなことを考えているのか?

子供とどう接したらいいのか?

 

・・・できれば詳細に

 

パパだってわかればやります。

 

察して欲しいは難しい。

 

会社でバリバリ働いている人も

家では全然だったりします。

 

よくママさんが、

それくらい察して欲しい。

・・・という言葉を使いますが

 

すみません。

察する能力が家で発揮できない

ことが多々あります。

 

察して欲しい。・・ではなく

こうやって動いて欲しい。

と言ってもらえるとありがたいです。

 

男の人は面倒くさい

 

男の人は面倒くさい。

もうひとり、子供がいるようだ。

 

・・・なんて言われますが

男とはそういうものだと思って

対応してもらえれば

男の人も意外と

家庭でも動けます。

 

パパはダメだと嘆かずに

話をしてください。

気持ちをもっと伝えてください。

きっと・・・

 

ママに協力的になります。

ママの最大の味方になります。

ママの最大の理解者になります。

 

仲が良い方がいいに決まってる!

 

夫婦にとっても

子供にとっても

 

家族みんな笑って

仲が良い方がいいに決まってます!

 

いっぱい話をして

いっぱい喧嘩をして

いっぱい笑いあって

 

家族が仲良く生活できれば

 

あなたが起業することを理解してくれます。

家族みんなで応援してくれます。

お互いが頑張れるようになります。

 

悲しい育児本

 

これを書こうと思った

キッカケが

悲しい育児本を読んだ

ことでした。

 

仕事と育児を両立する

起業家女性が書いた本でしたが・・

 

パパなんて空気と思って

考えないようにすればいい

 

期待なんてしない方がいい

 

犬だと思えば気が楽になる

 

・・・というような

言葉を見つけました。

 

読者の共感を得るために

あえて、極端に書いた内容なのかも

しれませんが・・・

 

こんな言葉に誘導されて

家族がバラバラになって

しまわないかと

寂しい気持ちになりました。

 

こんな、寂しいことを考える

ママを

子供はどう思うんだろう??

 

諦めて突き放すよりも

どうやって

仲良くやっていけるだろうか?

という考えを持って欲しいです。