先日、保育参加してきました。

 

希望者の親が子供達と一緒に遊ぶ

というイベントです。

 

私が参加した日は

パパが5人

ママが2人でした。

 

スーパーパパ達

 

決して、強制参加のイベントでは

ないので、パパがこんなに

参加するとは思っても

いませんでした。

 

もちろんのことながら

皆さん仕事を持っているので

仕事の休みを取ってまでも

参加している。

つまり、かなり育児に熱心な

パパさんが集まっていたわけですが・・

 

イクメン・・・なんて言葉が

陳腐に思えるほど

 

スーパーパパが勢ぞろいの日

だったのです。

 

朝、夜の食事の支度

掃除、洗濯

子供と一緒にお風呂

保育園の送り迎え

休日に子供と・・・

などなど

 

もちろん、毎日、毎回

とまではいきませんが

かなりの育児、家事の分担

をこなしています。

 

それでいて

大手企業のサラリーマン

だったりするのです。

 

いつ、どうやってやってるの??

ちゃんと寝てます?

会社との折り合いをどうつけてるの?

と、突っ込み満載の

すごいパパばかりでした。

 

パパ達の愛情

 

こんなすごいパパ達なので

子供に対する愛情も

人並みならぬものを

持っています。

 

子供のためならなんでもできる・・

子供が笑うと嬉しいんです・・

 

なんて、さらっと言えてしまう

パパ達に子供に対する

愛情の深さを感じました。

 

ママにはかなわない

 

こんなにすごいパパたちですが

私を含めた5人みんなの総意は

 

ママにはかなわない

・・・という話。

 

 

子供の育児に積極的に

参加して頑張っているつもりだけど・・・

結局、最後はママなんだよね。

 

という言葉を皮切りに

パパ達が一斉に

 

わかる〜

 

・・・となってしまいました。

 

 

悔しいけれど、

パパにはないものをママは持っている。

 

ママの体から生まれてきているから??

ママという精神的な依存??

子宮回帰願望??

 

なんて、男の人らしく

論理的に難しい話まで出て

なかなかの議論だったのですが・・・

 

保護者面談で・・

 

どんどん難しい議論をしているなかで

ちょっと気になったエピソードがあり、

パパ達に話をしてみました。

それは・・・

 

 

先日、保護者面談があり、

私たちは夫婦で担任の先生と

20分ほどの面談をしたのですが・・

 

内容は、

最近の保育園での様子

家での様子

小学生になるまでに・・

と言った話でした。

 

特別、問題点はなく

あっという間に20分が過ぎたのですが

終わった途端に

妻が『ホッとした』とポロポロと

涙を流したのです!!

 

えっ、泣くとこあった?

とビックリしている私を横目に

先生がホッとされたんですね。

良かったです。

・・・なんてフォローしていて

 

なんか1人取り残された気分でした。

 

このエピソードを聞いた

1人のパパが言いました

 

それだな。

 

ママの愛情

 

男にはわからない

母性からくる愛情が深い。

・・・という話になりました。

 

パパの愛情と

ママの愛情では

種類が違う。

 

男には理解できないほどの愛情

を持って子供と接しているので

ママにはかなわないとなってしまう。

 

決して、パパの愛情が足りない

ということではなく、

 

そもそも論として

ママの愛情にはかなわない!

 

・・・という結論で終わりました。

 

パパからママへ

 

パパに対してママが不満に

思うことは多々あるとは

思います。

 

でも、決してパパは

手を抜いているわけでも

いい加減に考えているわけでも

・・・ないのです。

 

ママの愛情の深さは

パパには理解できなレベルなんです。

 

だから、

一方的に責めないで、

『私はこう考えている』

ということをしっかり教えてください。

 

面倒くさいかもしれませんが

ママが考えていることがわかれば

納得して行動に移せます。

 

よろしくお願いいたします。