子育てって本当に大変です。

その上に起業・・・

仕事と両立していくなんてできるのだろうか?

そう、不安になるのもよくわかります。

不安の正体

 

『不安』とはまだ見ぬもの

自分自身が経験したことないものへの恐怖心です。

 

これを取り除くことは不可能だと思います。

なぜなら実態がないから。

何も起きていないので、

対処のしようがないのです。

 

しかし・・・

この不安を忘れるほどの

ワクワクややる気を作っていくことはできます。

 

思い出してください。

 

子供を授かったとわかった時に・・・

私が立派に育てられるだろうか?
元気な子が生まれてくるだろうか?
預ける保育園や幼稚園はあるかしら?
大きくなっていじめられないか?

 

もう、ありえないほどの不安が出たと思います。

 

しかし、同時に『自分の子供が生まれる!』

という感動でテンションMAXになる

自分はいませんでしたか?

ワクワクしませんでしたか?

 

それに、これからもう授かった命に対して

『どうしよう』

というネガティブな気持ちよりも

 

どうしたら元気に産めるか?
どうやっていい子に育てようか?
どんないい名前をつけてあげようか?

 

・・・などとポジティブな悩み、期待が

上回っていませんでしたか?

 

やってみなくては何も始まりません。

 

この言葉はよく自己啓発等でも使われる

テッパン言葉です。

学生にこの言葉を出すと・・・

『出た出た、よくその言葉聞く〜』

って反応でしょうが・・・

 

子供を持つ未知の経験

出産をしてきている方には

リアルに感じられる言葉だと思います。

どうしよう・・と悩んだって生まれてくるのです。

『ちょっと待った〜』なんてありません。

 

やるしかないのです。

 

やってみなくてはわからないから頑張ろう!

と腹をくくれるのです。

どう頑張ればいいか考えよう!

行動しよう!

・・・なのです。

 

起業や仕事も同じです。

やってみなくてはわかりません。

始まらないと不安はずっとつきまとってきます。

 

ワクワクを明確にする

 

不安を忘れるほど

ワクワクを増大させて

しっかりとやってく決意を決めましょう!

 

中途半端に不安を残したまま

起業準備や仕事再開をしてしまうと

ちょっとした困難でくじけてしまいます。

 

仕事を起業する、

再開することで

『どんないいことが起きるのか?』

を考えてみましょう!

 

収入が増える。

生活が充実する。

やりたいことにチャレンジできる。

パートナーにお金の依存をしなくて良い。

 

なんでも良いので仕事をしたい

ポジティブな気持ちを言葉にしましょう。

そして、ちゃんと言葉として文字に

書き出しましょう。

 

書き出すことで・・・

 

気持ちが明確になり、

ポジティブな気持ちが

前向きな行動に繋がります。

そして不安を払拭させてください。

 

最初に書きましたが・・・

不安ばかりを残したまま

仕事を始めると簡単にくじけます。

 

くじけた時に・・・

子供がいたから。

育児が辛かったから。

なんて悲しい言い訳がないように

頑張りましょう!

 

もちろんですが・・・

 

絶対に大丈夫なんてことはありません。

でも、頑張ってやった失敗は

無駄にはなりません。

きっと子供を言い訳にすることは

ないでしょう。

 

中途半端な気持ちで不安を持ったままだから

言い訳が増えてしまうのかもしれません。

さあ!ワクワクを優先して

育児起業家としての一歩を

踏みだしてください!