先日、

『お母さんが仕事して、

預けられている子供が

かわいそう』

 

と知り合いの年配の方に

言われて落ち込んだ。
・・・という相談を受けました。

 

別に、

この年配の方は個人を責めて

この言葉を発したわけでは

ないそうです。

 

しかし、

『子供がかわいそう』

という言葉を聞いたママさんは

今までの生活の中で・・・

 

もっと〇〇してあげればよかった。

 

と思うことが走馬灯のように

思い出してしまい

辛くなってしまったと。

 

私も・・・

同じようなことを言われました。

もっと辛辣に!

 

私たち夫婦も

共働きのため娘が生まれて

8ヶ月後には妻の職場復帰により、

近くの保育園に

週4日朝8:00~夜7:00まで

預けていました。

 

それを知った私の仕事先の

事務をしていた女性から・・・

 

『子供が可哀想!

そんなに仕事がしたいなら

子供なんて産まなきゃいいのに!』

 

と吐き捨てるように言われました。

 

反論はいくらでもできましたが、

この女性に怒りを覚えるよりも・・・

 

もっと子供といる時間を

長くしてやるべきだろうか?

 

もっと、子供ためにできる方法が

なかっただろうか?

 

仕事の時間全てを子供に

費やすべきなのだろうか?

 

もっと〇〇してあげればよかったのか・・・

 

こんな思いがグルグルと頭をよぎって

どう考えて良いのかも

わかりませんでした。

 

もちろん、

こんな話を妻にできるわけもなく

保育園に行くたびに

悶々としていました。

 

24時間 365日

ずっと一緒にいることが

愛情なのか?

 

妻が仕事辞めて

子供と常に一緒にいる。

 

私が仕事を辞めて主夫

となって育児をする。

 

仕事をしたいので子供を産まない

という選択をするべきだった。

 

・・こんなシュミレーションを

してみましたがどうも

しっくりきません。

 

なぜなら・・・

そこに自分たちの考える

『幸せ』はないから。

 

仕事を辞めて24時間、365日

子供と接していることが幸せの形、

子供への愛情

ではないと考えます。

 

私は妻に・・・

 

『子供ができても

仕事は辞めないほうが良い』

 

と結婚する時に言いました。

 

育児にばかり専念して

子供一辺倒になってしまうと

きっと精神的に参ってしまうのでは?

と考えていたから。

 

この考えは私自身にも言えました。

もともと子供は大好きでしたが、

仕事を辞めて子供のためだけに

1日が過ぎていく、それが365日続くのは

私には無理だと思ったからです。

 

きっと、精神的に参ってしまい、

鬱になってしまったり、

最悪『育児放棄』『虐待』・・・

なんて最悪のシナリオさえ考えられました。

そんな事態になるより・・・

 

自分たちがしっかりと

充実した生活をし、

子供に対して充分すぎるほどの

愛情をいっぱい与える方が

良いのではないかと。

 

みんなが笑顔の方がいいに決まってる!



子供が笑顔になるためには、

ママやパパだって

笑顔でいなくてはならない。

 

この笑顔が愛情をいっぱい

子供に与えていくと考えます。

 

働くことはお金だけが目的ではない

 

人に必要とされる気持ち。

 

仕事をする楽しさ。

 

社会とのつながり。

 

そして、お金を稼ぐという

喜び、必要性。

 

だからこそ、

働くことで家族の笑顔を増やす、

愛情を作り上げる

という考えがあっても

いいと思います。

 

考え方、環境によって違う

 

さてさて、書いているうちに

熱くなってしまいましたが、

これは私の個人的な考えです。



この考えが正解か不正解か

なんてわかりません。

 

我が家は・・・

という思いだけです。

 

この考えに共感して欲しい

という想いもありません。

 

考えはそれぞれです。

 

逆に・・・

 

『やはり、仕事を全部止めて

子育てに専念しよう!』

 

と考えることもアリます。

 

芸能人であった山口百恵さんは

結婚と同時に家庭を優先して

仕事を全て止めるために

完全引退しました。

 

その逆もあって・・・

 

百恵さんの考えに賛同して、

引退した方が

自分のやりがいや

様々な思いで

芸能界復帰する方も

いらっしゃいます。

 

全て、

その人が考える

幸せ』の形です。

 

身近な人の意見だけや

社会の一般論だけに

振り回されずに

自分の軸を持ってください。

 

そして、

決して独りよがりにならないように、

家族、パートナーとはコミュニケーションして

自分たちの考える

『幸せ』を見つけていきましょう!

 

SNS等のネットでの意見には

特に要注意です。

 

みんな匿名で

言いたいことを

何でも書きます。

 

子育てしたことない人。

 

子供を持っている人に

嫉妬している人。

 

面白半分の人。

 

人を責めることで

ストレス発散にしている人。

 

こんな責任の無い意見

振り回されないでください。

 

もし・・・

自分と違う意見や考えを

目にしたら、

『そんな考えもあるのか』

ぐらいにとどめて

おきましょう!

 

キラキラしたママは素敵です。

 

子供のために

仕事を辞める、

起業を諦める?

 

だって・・・

子供がかわいそうだから??

 

子供を持つ親は、

自分のやりたいことはやっていけない!

何てセオリーはありません。

 

無理して起業、仕事をする

必要はありません。

 

でもやりたい気持ちがあるのであれば

頑張ってみるべきでは・・・

 

あなたが充実した日々を送って

笑顔になれば子供もきっと

笑顔になれます。

 

その笑顔は・・・

パートナーや家族も

応援してくれる材料になります。

 

また、

子供と接する時間に

最高の愛情を持って

接することができると思います。

 

定期的に客観的な振り返りを!

 

的確に客観的に

自分の行動を振り返って、

 

気持ち、時間が仕事だけに

偏っていないか?

 

と振り返ってみましょう!

 

子供と向き合う気持ち、時間を

持っているか確認はしましょう。

 

子供といる時間を

濃密に・・・

 

家族、パートナーとの

時間を大切に・・・