最近、娘に・・・

パパって食べる前に

お箸をパチパチってやるよね!

・・・と突然言われました。

 

えっ、なんの話??

パパそんな事する??

 

無意識でやっているクセのようです。

理由はわかりませんが、

常にお箸を持った時に最初にやるそうです。

 

自分の事は意外とわかりません。

 

取扱説明書

 

私はたぶん?

ちょっと面倒くさい男です。

 

そんな自分の取り扱いを

よくわかっているのは

私の父と妻だと思います。

 

2人はかなり詳細な

「藤村義樹、取り扱い説明書」

を持っていると思われます。

 

自分の事は自分が一番よく

わかっている!

・・・と言いたいのですが

 

わかっている

つもりになっているだけで

自分をコントロールすることが

できず、

父や妻にいつの間にか誘導されて

いることがあります。

 

47にもなって恥ずかしいオッサンです。

 

でも、自分を理解して

完璧にセルフコントロールできる人

なんていないのではないかと

思っています。

 

開き直っています!

 

仕方ないのです。

だって、人間だもの・・・

 

自分の事はわかっているようで

わかっていない!

・・・と開き直って

 

苦しい時

悩んでいる時

おかしいなと感じる時

空回りしているなと思う時

 

・・・などは素直に

父や妻に相談したり、

意見を求めたりします。

 

それでいいのだと思っています。

 

コーチとして

 

コーチングというスキルを使って

人と接する仕事をしているので

定期的にセルフコーチもします。

 

つまり、自分自身の

「気持ちの棚卸」のような作業です。

 

何か新しい事を始める時は

必ずやって、自分の内面を確かめます。

 

自分がなぜそれを始めるのか?

なぜ、それをやりたいのか?

目標が何なのか?

それに対する恐れていることは何なのか?

・・・などなど掘り下げて

考える様にしています。

 

開き直って父や妻に頼る部分は

ありますが、

自分でもしっかりと

自分自身を見つめ直す必要

必ずあります。

 

ぜひ、探してください。

 

自分の取り扱い説明書を

持っている人を!

 

または、自分の内面をしっかりと

引き出してくれる

コーチという存在を

見つけてください。

 

注意する点は・・・

仲の良い友達や周りの優しい人は

優しい言葉をかけてくれるし、

その人なりのアドバイスを

くれるかもしれませんが・・・

 

その人は

取扱説明書を持っているわけでも、

コーチでもありません。

 

あなたの内面をしっかりと引き出してくれる人

をぜひ、探してみて下さい。

 

そして、自分が何かを始めたり、

壁にぶつかったり、

モヤモヤした気持ちが

晴れない時は・・・

 

素直にその人の話を聞いてみましょう!