先日、ラジオで

TBS 安住紳一郎さんが

故人、川田亜子さん

について言及し、嗚咽した

・・・という報道を見ました。

 

とても辛い内容で

見ているこちら側も

胸が締め付けられる思いでした。

 

この報道を見て思ったのは

悲しい決断をした川田さんも

 

現在も自分の言葉に苦しんでいる

安住さんも

 

自分を追い込んでしまっている。

・・ということ。

 

子育てをしていると・・

 

虐待やネグレクトといった

子供に対する

犯罪の裏には・・・

 

母親が精神的に

追い込まれている現状が

含まれている場合も

少なくありません。

 

我が子をかわいい

という気持ちはあるのに・・・

 

様々なことに

精神的にも肉体的にも

追い込まれてしまい、

取り返しのつかない

事態になってしまいます。

 

仕事との両立

 

子育てをしているだけでも

大変なのに

仕事との両立となると

倍の辛さが待っている

・・・と思いがちです。

 

もちろん、

実質的な不安や悩みは

増える部分もありますが・・・

 

悪いことばかりでは

ありません。

 

仕事をすることで

いい意味で息抜きができます。

 

仕事をしている

・・という自分の自信に

つながります。

 

外に出ることで

悩みを吐き出すことができます。

 

ストレスを発散することができます。

 

子育てと仕事の両立を

悪い面だけで考えないで

プラスの部分を考えましょう。

 

・・・とは言え

やはり、追い込まれてしまう瞬間

は多々あります。

 

そこで、回避する方法

を幾つか書いてみたいと

思います。

 

精神的に追い込まれない為に・・・

プライドを捨てる

 

仕事と両立する

起業する

・・・と決めるときに

硬い意思を持って取り組みます。

そのときに

過剰なプライドが作られて

しまうことがあります。

 

人に頼らないで頑張る

人に負けたくない

言ったからにはやりきる

 

その気持ちはとても大事なのですが

過剰なプライドは

自分を追い込んでしまいます。

 

その結果・・・

望まない状況に

なってしまうことも

 

辛いな・・・

追い込まれているな・・・

と感じたら

 

過剰なプライドが邪魔していないか

意固地になっている自分がいないか

 

ちょっと立ち止まって

考えてみてください。

 

 

見えない未来と戦わない

 

仕事や子育てに

完璧はありません。

 

でも、

もっとこうすれば・・

もっとよくなる方法は・・

これが100%ではない・・

 

と、完璧を目指して

しまいます。

 

でも、実際に未来を予測して

完璧に仕上げることはできません。

 

苦労して、

時間をかけて、

人の何倍も努力して、

100%に近い・・・

思ってやったことが

ダメになってしまうと

一気に追い込まれます。

 

やってみなくてはわかりません。

 

見えない完璧を

目指してしまうと

結果的に自分を

追い込んでしまいます。

 

常に60%以上を

考えて行動に移していくき、

その結果を修正して

100%に近づけて

いけば良い。

・・・と考えて行動すると

 

気持ちも楽になりますし、

行動力もグッと上がります。

 

 

他人と比較しない

 

世の中には・・・

自分の想像を超える

スーパーマンが山ほどいます。

 

自分よりすごい人を

見るたびに

落ち込んだりしていると

精神的に追い込まれて

しまいます。

 

人は人。

自分は自分。

 

今できることを

精いっぱいやることが大事です。

 

自分を鼓舞させる意味での

他人との比較

は適度なプレッシャーとなり

刺激になりますが・・

 

極端な比較対象はやめましょう。

 

限界を感じたら休む

 

頑張りすぎてしまって

体力的にも

精神的にも

疲れ果ててしまわないように

ちゃんと休みましょう。

 

もうダメだ!

辛い!

・・・と思った時には休んでください。

 

これは・・・

サボりでも

怠慢でも

弱みでも

・・・ありません。

 

リセットしてまた、頑張る。

・・・ということです。

 

 

弱音を吐いてみる

 

たまには

誰かに弱音を吐いて見てください。

 

自分の辛い気持ちを言葉にして

吐き出すだけでも

楽になることはあります。

 

泣いて感情を吐き出す

・・・というのもアリです。

 

最後に・・・

 

頑張る気持ちは大事です。

 

無理をしなくてはいけない

場面もあります。

 

追い込まれる方が

効率が良くなったり

することもあります。

 

でも、過度な状況は危険です。

 

たまに、自分自身を振り返って

過度に追い込まれていないか

確認してみてください。