あまり夜はテレビを見ない我が家ですが

この、「はじめてのおつかい」だけは

家族そろって欠かさずみています。

 

娘はテレビの中の子が

おつかい途中で泣くたびに

自分のことのように

静かに涙を流します。

 

そんな、娘を見ることが

できるのも、

私たち夫婦にとっての

密かな楽しみです。

 

色々な考え方がある。

 

様々な地域、子供の年齢、性別、

おつかいの内容があります。

 

当たり前ですが、

家庭によって親の反応も様々です。

 

怒る親

なだめる親

オロオロする親

放任主義の親

 

人によっては

このやり方でいいの?

もっと、子供に対して優しくすれば・・

こんな甘やかしてたら・・

 

なんて、見ながら思っているかもしれません。

色々な意見があって当然です。

 

私たちもこの番組を見ながら

自分たちだったら・・

という意見で盛り上がる事もあります。

 

で、何が言いたいか?

と言うと・・

 

やり方、考え方は様々ですが

わが子に対する愛情

はみんな同じ・・・という事。

 

 

ちゃんと愛情を持っていれば

 

子育てをしていると

周りからゴチャゴチャと言われる事があります。

 

ああすれば、こうすれば、いいのに・・

そんなことしたら子供がかわいそう

私だったら・・・

私たちの時代は・・・

 

心配してアドバイスとして

言ってくれるならともかく

 

単純に人を攻撃したい

自分の意見を押し付けたい

 

 

・・・などの

無責任で、勝手な意見

耳に入ってきてしまうことがあります。

 

でも、そんな意見に惑わされないでください。

 

例えば、

自分は

「人に対してちゃんと挨拶して欲しい」

という想いを持って子育てをしているなかで

 

「ちゃんと挨拶しなさい。」

 

という言葉を聞いた近所の方が

嫌味っぽく

「あら、そんなことでいちい怒るなんて怖いママね」

と言われて、

 

悩んでしまったり、

怒れなくなってしまったり

・・してしまう様な事があったりします。

 

でも、そんな攻撃的な事を言う人に限って

次に会った時に

「まあ、挨拶もできない子供なの・・・」

なんて平気で言ってきたりするのです。

 

どうしたらいいの?

とパニックになってしまいそうですよね。

 

人の言葉は「いち意見」として聞くのはいいことだと

思いますが、

言葉に振り回されないでください。

 

自分が子供に対して愛情を持って

どういう風に育てていきたいか?

と思っているのであれば大丈夫です。

 

子供も親が何かあるたびに

しつけのやり方が変わったり、

いう事が変わると

戸惑いを覚えますし、

信用を失いかねません。

 

 

いいんです。言わせておけば!

 

極論かもしれませんが、

他人の意見なんて聞き流す事があっても

いいんです。

 

親が周りの意見に流されることなく

「子供とこんな風に向き合っていきたい」

という軸を持っていれば

周りの意見なんて・・・

 

ただし、

「そこに愛情はありますか?」

これだけ忘れなければ大丈夫です。

 

感情的になって怒ったり、

人の意見に惑わされて怒ってしまったり、

子供の気持ちを無視していたり、

 

・・・そんな時はちょっと冷静になって

考えてみましょう!

 

完璧な親なんていません。

子供に対してイラッと感情的に

なる事だってあります。

 

私自身は・・・

イライラ、むかっ、ピキピキ

なんて感情が出そうになったら、

もしくは出てしまったら

 

「ここで怒る事は愛情なのか感情なのか?」

と考える事にしてます。

 

それでもたまに感情で怒ってしまいますけど・・(反省)

 

 

子育てしながら仕事をすると・・・

 

子育てをしながら仕事の両立をしていると

「絶対」と言っていいほど

子供がかわいそう」なんて言ってくる人がいます。

 

私は・・

「そんなに仕事したいなら

子供なんて産まなければいいのに!

子供が親の犠牲になってかわいそう」

 

とまで、言われました。

それも、独身で結婚していなくて、

その日、初めて会った人に・・・

 

むかつく! 何も知らないくせに!

・・・と怒りながらもへこんだ思い出があります。

 

もちろん、起業するとなると

当たり前のごとく

様々な言葉で、ありえないような事を

言ってくる人もいます。

 

だから、起業する時に・・・

 

なんで起業するのか?

どう在りたいのか?

子供とどう向き合っていくのか?

(子供との時間やコミュニケーション等)

 

 

明確に自分軸を持って起業に望んでください。

 

そうすれば、他人の無責任な言葉に惑わされたり、

イライラすることも少なくなります。