子育てしながら起業する

・・・となると

様々な人から

色々な事を言われる

ようになります。

 

子供がかわいそう

そんな仕事、大丈夫?

できるわけない

私ならやらない

失敗すると思う

 

もちろん、

肯定的な言葉も

あるのですが・・・

 

否定的な言葉って

耳に残る。

心に残る・・・のです。

 

こんな否定的な言葉を

聞くたびに

落ち込んでしまったり

していませんか?

 

悩んでしまって

立ち止まったり

していませんか?

 

私も散々言われました。

 

私自身・・・

仕事と子育てを

両立させようと

働き方を変えていた時に

 

やはり、

否定的な言葉に

惑わされることは

多かったです。

 

それ、やる意味あるの?

男がやることじゃないのでは?

奥さんに頭上がらないの?

仕事・・・ダメになるよ!

イクメン気取り?

 

結構、落ち込みました。

 

 

自分軸を持って・・・

決意を持って・・・

一生懸命

やっていましたが、

 

やはり、

ボソッと言われる

否定的な一言が

きつかったのを

覚えています。

 

半年後に言われた言葉

 

仕事のやり方を変えて

半年ほど経つと

少しづつ理解して

くれる人も

増えてきて

仕事先の人からも

 

『頑張ってるね』

『無理するなよ』

『何かあったら言いなよ』

『子供、元気』

 

・・・と声をかけてもらえる

ようになりました。

 

そんな中・・・

私のやり方に

1番否定的だった

とある会社の部長が

 

君ならやれると思ったよ!

 

と笑顔で言ってきたのです。

 

はぁぁぁ・・!!?(怒り)

 

・・・と心の中で叫んでいました。

散々、否定的なことを

ブツブツと言われ

気持ちを

かき乱されていたのに!

 

自分の言葉に責任を持たない

 

びっくりするほど

自分の言葉、

つぶやきに無責任です。

・・・というより

 

大した意味は無い・・

その時はそう思っただけ・・・

気にしてたの?

 

・・・と軽くかわされるほどです。

 

もちろん、

すべての人が・・・

すべてのつぶやきが・・・

無責任で意味の無いもの

ではありませんが・・・

 

以外とさらっと口に

出して言っています。

 

私自身も

無意識につぶやいているかも・・

 

自分次第

 

最初の方でも書きましたが、

肯定的な言葉よりも

否定的な言葉が残るものです。

 

そして、

何気なく言われた言葉に

こちらが勝手に

過剰に反応してしまっただけ

・・・という結果になります。

 

人の言葉に

一喜一憂していた自分が

バカバカしく

なってしまいます。

 

さて、今日のブログの題名・・

覚えてますか?

 

アホ・・・になろう

 

そうです。

アホになって・・・

 

『なるほどね・・』

『そんな風に思うんだぁぁ』

『ま、いいか』

『ヘェェェ』

 

適当にかわしましょう!

 

こんな無責任な言葉を

真正面から受けてしまうと・・

 

悩んだり

落ち込んだり

立ち止まったり

やる気をなくしたり

 

・・・してしまいます。

 

その結果、

否定的な言葉の通り

になってしまいます。

 

つぶやいた通りになると

こう言われます・・・

 

ほらねっ!

だから言ったじゃん!

やっぱりね!

 

・・・とまるで

自分が忠告してあげたのに!

・・・と言わんばかりに。

 

ムカつきました?

頭にきません?

 

だから・・・

アホになりましょう!!

 

ちなみに・・・

 

子供に対して

こんな無責任な

言葉、つぶやきは・・・

 

もちろん、ご法度です。

 

子供の気持ちを潰します。

子供との信頼が関係が崩れます。

 

親の言葉は

子供の心に大きく響きます。

 

もし、子供に

あんなこと言われて嫌だった

・・・などと言われた時は

 

大した意味は無いよ

そんな気にしなくていいのよ

大げさね・・・

 

と適当にあしらわないで

きちんと

 

ごめんね。

 

・・・と謝ってください。