日大のタックル問題

 

 

様々な問題が見え隠れ

してるようですが・・・

 

あまりにも

みっともない大人

多すぎてガッカリします。

 

大人は謝らない

 

『大人の事情』という

言い訳やプライド?が

そうさせているのか?

 

生徒が謝る、謝罪する

 

自責の念にかられ

生徒が謝罪会見をする。

 

支持されたことよりも

自分が実行したことが悪い

 

・・と全ての非を認めて謝罪。

 

大人のひとりとして恥ずかしい。

 

そして、私は・・・

ちゃんとできているだろうか?

 

大人だからこそ・・

 

自分が間違っていたら

素直に認めてしっかりと

「ごめんなさい」

と謝る大人でありたいと思います。

 

子供に対しても同じ。

 

親が謝ると子供が調子に乗る

・・・という方もいらっしゃいますが、

 

悪いのは・・・

間違った自分だったり、

それを認めようとしない自分です。

 

しっかりと謝ることで

子供との信頼関係

築いていきたい。

 

仕事も同じ

 

仕事において謝る事は、

 

自分の非を認める

自分が損をする

・・・と考えてしまいます。

 

しかし、

逆に相手に信用がなくなり、

結果的に仕事が上手く

いかなくなってしまいます。

 

信用・・・と言う意味でもしっかりと

「申し訳ありません」と謝る自分でありたい。

 

自分の非を認めて

相手、自分と真摯に向き合うことは

仕事をする上で

とても大事です。

 

パートナーに対しても・・・

 

一番な身近な人物、

パートナーにこそ

しっかりと

『ごめんなさい』が言える大人

でありたいと思っています。

 

ついつい、

自分の非を認めたくない

弱い立場になりたくない

言わなくても・・・

 

なんて逃げてしまいます。

 

大人として・・・

 

子供は大人の鏡

・・・という言葉があります。

 

子供に言い聞かせる前に

自分がしっかりと出来ていなければ

子供に言うことは出来ません。

 

子供にこうあって欲しい

 

・・・と思うことは

 

自分がこうあるべき

 

・・・という考え、行動を

自分自身が子供に見せること

だと痛感しています。